内装を変えるときに知っておくと役立つ豆知識を紹介

地震などに対応

水回りを便利に

最近のリフォーム工事は水回りをさらに便利にしたりとか、地震に対してもう少し丈夫にしたいというニーズが多くなっています。 そのどちらも窓がある範囲が工事を行いたい場所の中に入っています。 さらに一歩踏み込んで、夏や冬の温度差にある程度対応出来る窓にもリフォームしてみると良いでしょう。 最近は年齢にかかわらず室内でも熱中症になり医療機関に搬送される事が増えています。 赤外線や紫外線など外からくる刺激にある程度、家屋の機能で対応してもらうようにするのです。 これまでは遮光カーテンなどで夏の赤外線の熱波や年間を通じての紫外線での家具や布製品などの光劣化に対応していましたが、窓ガラスに赤外線や紫外線をある程度カットさせる機能を持たせた品に切り替えてみるのも良いでしょう。 寒冷地では標準装備のダブルサッシも温度管理などの面でもとても使いやすいアイテムです。 明るさは損なわずに、環境が激しく変化するのを防ぐ為の機能を織り込んだ家屋の部材を上手く使いこなす事で身体に負荷のかかる季節を乗り切る手助けをさせるようにしてしまうのです。

見積もりは幾つかの対応をだしてもらって。

水回りと窓関係を一緒にリフォームをする場合は温度差や結露とカビ、そして滑りづらくする事を念頭において見積もりを出しましょう。 地震に対応して家屋と窓をリフォームする場合は歪みや破損に強く、もし破損してしまっても室内で怪我をしづらい加工をしてある部材を活用するように見積もりを出しましょう。 工事にとりかかる前の見積もりで、毎日の生活の動線と行動をする時の安全性も考えての部材や高さなどを決定する事になりますが、部材に安全性や快適性の機能を織り込んだ物を使う場合は幾つかのタイプを出してもらい、その部材を使う事で実際の生活にどんなメリットがつくのかを提案してもらいましょう。 その中もっとも生活のニーズに合った物を選びとるようにすれば安全です。 毎日の生活を快適にする為のリフォーム工事なので、快適と健康管理面の機能をあわせて考えれば夏や冬といった厳しい季節にも上手く対応する事が出来るのです。

» ページのトップへ戻る