内装を変えるときに知っておくと役立つ豆知識を紹介

サッシと複層ガラス

複層ガラスを用いることが増えている

最近は、住宅に断熱性能が高い複層ガラスを窓に用いることが多くなってきました。複層ガラスは、窓辺からの冷えが防げるだけでなく、結露も防げます。しかし、サッシを交換する工事は、外壁の一部を切り取らないといけないことが多く、それなりに手間も費用も必要です。 ですが、内窓を後づけする方法なら、比較的安価でできます。サッシ代より取り付け費の方が高くなることが多いですが、外壁を切り取る必要はありません。解体費も修復費かからないわけですから、施工費が安くなるのです。1ヶ所だけなら、半日もかからずして完成します。 しかし、マンションの場合、窓は共有扱いになります。サッシ交換ができないことが多いので注意しましょう。

樹脂製のサッシもある

複層ガラスでもアルミサッシの場合は、アルミ部分の結露が防げません。しかし、樹脂製のアルミサッシは、断熱性も高いですし、サッシ部分が結露することも無いです。複層ガラスは割高になると言うことで、樹脂製のサッシに単板ガラスのものを選ぶ人も多くなってきました。 また、断熱性以外にも窓を二重にすることで得られるメリットがあります。それは、遮音性が高くなると言うことです。車がよく通る道路が建物に近い場合、窓を二重にすることで騒音がかなり抑えられます。また、外からの音が室内に伝わりにくくなると言うことは、室内の音も外に漏れにくいと言うことです。ピアノを弾く人は、家の窓を二重にしていることが多いと言われています。

» ページのトップへ戻る