内装を変えるときに知っておくと役立つ豆知識を紹介

トイレにゆとりを

手洗い器付きのキャビネットを設置

トイレをリフォームする時、トイレ内に手洗い器付きキャビネットを導入する人は多いです。既製品がほとんどですが、便器とコーディネートできるように豊富な種類が存在します。最近は、トイレを落ち着ける空間にしたいと考える人が増えました。その場合、手洗い器付きのキャビネットを設置することでトイレ空間を落ち着いたものにすることができます。 しかし、当然ながら手洗い器付きのキャビネットを設置したら、その分費用がかかってきます。希望を全て反映させようとすると、予算オーバーになる可能性が高くなるので、予算を考慮して慎重に決めなければいけません。 安く上げたければ、手洗い器付きのキャビネットを導入しないと言う方法をとることです。

内装も同時にリフォームしよう

トイレのリフォームは、便器を交換するだけでなく、同時に内装もリフォームすると合理的です。便器が新しくなったのに、内装が古いままではリフォームした意味があまりありません。トイレの内装もリフォームする場合は、工期が2日程度かかることが多いですが、便器は先に設置してくれることがほとんどです。 また、どんな便器にしようか悩む人も多いと思いますが、最近は中高級クラスの便器の人気が高まっています。このクラスの便器は、年々清掃性が良くなってきていて清潔感が高いです。 価格は17万円から20万円程度のものが多く、温水洗浄便座もついています。近年では、すこし価格は高くなりますが、タンクレストイレも人気が出てきました。

» ページのトップへ戻る